多くのメリットを知られるインプラント治療。

でも、当然ながらデメリットもあります。
全ての患者に関わるのは、高額な費用です。
治療の内容や、インプラントの材質によっては数十万円かかることも覚悟してください。
あとは、治療が失敗したとき、かなり深刻な問題が起こることもあるリスクも背負っています。
本当に深刻な例では、患者の死亡例も実際にあります。
手術によってインプラントを埋め込んだ後は極力安静を保って生活を送ってください。
日常生活でも歯に負担がかからないようにして、身体に負荷をかけるくらいの運動はしばらくの間は控えましょう。
血行が促進され、出血が続く恐れもあるためです。
日頃から運動をしている方は、どうなったら再開できるか、歯科医と共通理解しておくことをすすめます。
欠損した歯が少ない場合、治療としてはインプラントとブリッジが考えられます。
インプラント治療は、あごの骨を削って穴を開け、そこへ人工歯根を埋め込み、固定されたところで義歯をつけます。
ブリッジ治療とは、欠損した歯の両隣に残った歯を支柱のように削り、上からブリッジをかぶせるのです。
治療後、一見した感じでは、ブリッジよりインプラントの方が良いと言えます。
また、ブリッジ治療は、健康な歯を犠牲にしなければならないというのが痛いところです。
厳しい条件をクリアしない限り、インプラント治療は保険適用になることはまずありません。
全額自己負担が普通ですが、医療費控除の対象なので、ぜひ受けましょう。
医療費控除は職場の年末控除の対象ではなく、個人で確定申告をして収入から医療費を控除されます。
確定申告で医療費控除を受けたい場合、歯科医でお金を払ったときにもらう領収書が医療費を払った唯一の証明ですからなくしたら再発行はできないと考え、暦年単位で、大事に保管しておきましょう。
インプラント手術の未経験者にとってどれだけ痛いだろうと心配になると思います。
インプラント埋入手術では、術中、痛くて我慢できないことはまずありません。
麻酔が効いたことを確認した上で手術の本番に入るためです。
術後、腫れがでるのに伴って痛みが出てくるケースもありますが、痛み止めの頓服薬を処方されることが多く、我慢できないくらいの激しい痛みにはならないことがほとんどです。
歯科医にインプラント治療をすすめられるケースとしては、周辺の歯に関係なく治療したいと、患者が考えている場合です。
ブリッジ治療で義歯を入れるとすれば両隣の歯を支えにするため、一回り削る必要がありますが、これに対しインプラント治療は、失った歯に見合った人工歯根を骨に埋めていくため、失った歯だけを根元から再生する治療になります。
両隣の歯を削って支えにするのはもったいないという要望がある場合、他の治療法よりもインプラント治療がしっくりくると思います。
入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント。
その手術とは、歯のなくなった部分の顎骨に穴を開け、金属製の人工歯根を埋め込み、そして専用のパーツを用いて義歯を固定するという手術です。
入れ歯と比べて格段に手間がかかる分、自分の歯のように自然に食べ物を噛むことができ、見た目も義歯とは分かりません。
インプラント治療には、歯科医、歯科技工士といった医療スタッフの卓越した技術が必要不可欠と言っても過言ではありません。
患者さん一人一人の口腔内の状況に合わせた高度な施術ということです。
いわば「贅沢」な治療といえるので、保険は利かず自由診療となります。
混同されることの多いインプラントと差し歯。
何が違うのでしょうか。
まず、差し歯というのは、残った歯や歯根をベースにして、そこに人工の歯を差し込むものです。
歯根を含めて歯が無くなってしまったところには、差し歯は利用しようがないということです。
対して、インプラントは差し歯と異なり、金属製の歯根を顎の骨に埋め込んで癒着させ、その上に義歯を装着して固定するというものです。
自前の歯がなくなってしまい、差し歯が利用できない場合でも、気にせず行えるのが最大の特長であるといえます。
今のところ、インプラントの歯根部はチタン製が主流です。
金属の中では、骨との親和性が高い方でアレルギーも起こりにくいとされています。
もちろん、治療を始める前にはCT検査、レントゲン検査、口腔内検査など一通りの検査を行い、治療適用が妥当となったところで治療に取りかかるため安心して治療を受けることができます。
それから、治療後には、メンテナンスを積極的に患者が歯科医と連携しながら行っていけばより快適に、長期間使えるようになるのです。
様々な条件によって、インプラント適用になるとは限らず、レントゲンやCT検査の結果、その先へ進めないこともあります。
ですが、理由に挙げられたのが「骨の量が足りない」などや、「インプラントを埋入し、義歯を支えるだけの骨の幅がない」であったとするなら決してあきらめる必要はありません。
最新の設備を備えた歯科医院で、技術を持った歯科医にかかれば少し前なら、インプラント治療はできなかったケースでも治療ができるようになっています。
通える範囲で、できるだけ最先端の治療を提供している歯科医院を調べ、 相談してください。
もっと詳しく>>>>>歯磨きで歯の茶渋を落とす事が出来ます