歯科治療の一環として、インプラント治療も失敗のリスクをゼロにすることはできません。

では、失敗はどのような問題を引き起こすかというと、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、あるいは破損など人工歯そのものに関わる失敗、細菌感染やアレルギー等によってあごの骨が腫れる、痛むといった身体的問題、手術に失敗してあごのラインが変わってしまったという見た目を損なってしまう問題もあります。
失敗の可能性を少しでも下げるためにくれぐれも実績のある歯科医を選ぶようにしましょう。
誰でもインプラント治療ができるわけではありません。
その大きな原因は費用の問題も大きいと思います。
保険適用外のケースが圧倒的多数で、ほぼ全てが自由診療と考えて良いので、失った歯が何本なのか、義歯などの素材は何かによってもかなり費用が違うことも確かで、どの歯科医院を選ぶかによっても思いの外費用は違ってきます。
そして、定期検診にも費用がかかってくるということも覚えておきましょう。
例外はありますが、インプラント治療は保険は適用されず、全額自己負担の自費診療です。
医療費控除は受けられるので、覚えておきましょう。
手間はかかりますが、年一回の確定申告によって税金の還付を申告します。
確定申告を行うときには、治療のたびにもらっている領収書が支払いの証拠となるためもらったものはしっかり取っておいて暦年単位で、大事に保管しておきましょう。
入れ歯や差し歯と比べても利点の多いインプラント。
ですが、便利な反面、気に留めておくべきポイントがあります。
何かと言うと、インプラント治療を受けられる人は限られていることです。
インプラント治療は、顎の骨に人工歯根を埋め込むという方法です。
ガンで治療を受けている方や、糖尿病、心臓病などの持病をお持ちの方、骨粗しょう症に罹患していたり、顎の骨がなくなったりしている場合にも、インプラント治療を受けられなかったり、準備に時間がかかるかもしれません。
一度埋め込んだインプラントの使用可能年数は、ちゃんと使っていれば一生持つと言われるのですが、現実には、治療終了後の定期的なメインテナンスや、手術を担当する歯科医師の技術にも左右されると言われています。
口内のセルフケアを怠れば、ものの数年で劣化してしまう場合もあるでしょう。
また、歯槽膿漏などの口腔内の病気にかかってしまうと、あごの骨が浸食されてしまう場合もあり、人工歯が役に立たないどころか、インプラントの寿命にも影響が出ます。
虫歯をひどくしてしまい、結局、歯を抜くことになってしまいました。
両隣の歯は残っているので、ブリッジでも良かったのですが、このような場合、インプラントにもできますと説明され自分の気持ちが固まりました。
結構な費用がかかるデメリットはありますが、自分の歯のような安定した使用感があるといわれました。
治療後、噛めるようになると、ほどなく噛んだときの違和感がなくなってきたので歯医者さんに言われたとおりだと思いました。
歯科治療とは言え、インプラント埋入手術の後は、痛みが落ち着くまでは、安静に過ごさなければなりません。
普段よりも静かに過ごすようにして明らかに負荷がかかるレベルの運動はしばらくの間は控えましょう。
傷口に負担がかかり、ふさがりにくくなる場合もあるのです。
運動を習慣にしている方の場合は運動をいつ再開すべきか、歯科医と話し合うと安心できます。
インプラントは人工歯なので永久に虫歯から免れますが、インプラント周囲の組織に異常が起こることはあります。
インプラントを維持するポイントは日頃のケアにあり、歯周病を防ぐために、正しい毎日のケアと歯科医によるメンテナンスを忘れることはできません。
ですが、インプラントを入れた後、歯茎の腫れや出血があればインプラント周囲炎の症状かもしれません。
放置は禁物で、炎症がひどくなる一方ですから即刻診断を受ける必要があります。
ある程度の規模の歯科医院で、普通の外来診療のみで行う特殊な施術を伴わないインプラント治療であったとしても院内感染の可能性は否定できません。
その点を踏まえ、歯科医院選びのときに、その医院の感染症対策についての取り組みを知っておくことがキーポイントの一つです。
院内感染防止の対策をきちんとホームページに載せている歯科医院もどんどん増えているので、そこで調べるのも良いでしょう。
欠損した歯が少ない場合、治療としてはインプラントとブリッジが考えられます。
そもそもインプラント治療とは何かというと、あごの骨に開けた穴にインプラント体と呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に義歯をつけます。
それに対し、ブリッジ治療は、義歯を橋桁と考え、両隣の歯を支柱のように削り、上からブリッジをかぶせるのです。
口を開けたところを見ればほとんどの場合、インプラントが良いと言えます。
さらに、ブリッジ治療を選ぶと、ブリッジのために両隣の歯が犠牲になるという辛さもあるのです。
こちらもどうぞ⇒歯磨き粉は効果的なホワイトニングのやり方はどうなのでしょうか