歯科におけるインプラント治療

歯科におけるインプラント治療では、あごの骨に埋める部分の素材はチタンが主流です。
特長として、骨に埋め込んだとき調和性が高く、金属アレルギーも起こりにくい素材の一つです。
治療を始めるにあたっては頭部CT、あご周辺のレントゲン、口腔内検査といった検査を一通り行い、治療方針を決めてから本格的に治療をすすめていくので安全性を確認しながら治療を受けられます。
そして、治療終了後のメンテナンスを患者と歯科医が連携して進めていくことで、安全性や快適性は長期にわたって確保されます。
数々のインプラント治療の問題点について、様々な情報ツールで調べたと思いますが、その中に、金属を埋め込むので頭部のMRI検査ができないといった話を聞いた方もいるでしょう。
それは気にしないでください。
磁気を当てて画像を作るのがMRIなので、金属に反応すると、画像は乱反射のように見えます。
しかし、インプラントは主にチタンが使われているのでチタンの特性として、磁気には反応しないため検査で問題になることはまずありません。
せっかく完了したインプラント治療も治療後も快適な状態を維持するためにデンタルケアを欠かさないことが重要です。
食後の丁寧な歯みがきによるプラークコントロールは欠かせませんし、定期的な検診を欠かさず継続することが欠かせません。
インプラントは虫歯にならないとはいえ、日頃のケア次第でいずれ歯周炎などを引き起こすことになります。
どんな治療でもそうですが、インプラント治療で重要なことは自分にとって最良の歯科医を見つけられるかどうかです。
この治療独自の技術を身につけた歯科医であるかは当然として、どのような検査を行って、検査の結果をどう見るか、手術後のアフターケアはどうかなどで歯科医の腕次第でかなり治療実績には差があると考えられます。
この治療は、歯科医の技量が、治療成績を大きく左右する治療法とされています。
歯科医選びに全力を尽くすことがその後の快適なインプラント生活を決めると言って良いでしょう。
欠損した歯を補う手段はいろいろありますが、インプラントはその中でも自分の歯に近い感じで噛めるので、歯が取れる心配をせずにガムを噛めるのも、また嬉しいですね。
隣の歯の上に人工歯をかぶせるのではなく、歯根をあごの骨にしっかり埋め込んでいるのでガムと一緒に歯が取れるというトラブルはまずありません。
人工歯の歯根と義歯は、ガムをいくら噛んでも取れないくらいしっかりした構造になっています。
キシリトールガムも、問題なく楽しめます。
インプラントは他の歯に影響ないといわれますが、手術直後、自分の歯がうずく反応もよくあります。
これは、人工物を埋め込んで周りの歯も、神経を刺激されて反応したのでインプラントがなじんでくれば、違和感もなくなることが多いです。
実は他の問題が隠れていたということもありますから、違和感がおさまらないときはすぐに歯科医に連絡することが治療を成功させるために必要です。
義歯が自分の歯と同じように使えるようになればインプラント治療は終わりですが、歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなければならず異常がなくても維持費は必要になります。
使用に問題がなくても、三ヶ月に一度のペースで定期検診に通うことを指示されます。
この定期検診に必要なお金は基本的に保険が適用されるので三千円くらいかかります。
普通は、一年あたり1万円、もしくは、2万円程度の維持費を見込んでおいてください。
今流行りのインプラント。
一度埋め込めばその効果は基本的に一生と説明されることが多いようですが、現実的には、施術後のセルフケアと、担当歯科医の治療テクニックにも掛かっています。
当然、自分自身でも口腔内のケアを続けなければ、数年でインプラントが劣化し、また手術を受けなければならなくなります。
また、歯槽膿漏などの口腔内の病気にかかってしまうと、インプラントを埋め込んでいる顎の骨にも影響しますから、それだけインプラントの使用可能年数にも影響が出ます。
徐々に市民権を得てきたインプラントですが、インプラントの処置後、前はしなかった口臭がするようになったということもままあるようです。
これはなぜでしょうか。
一つには、義歯と歯茎の間に日々のケアで取りきれない食べカスが溜まってしまったり、インプラント周囲炎と呼ばれる炎症を起こしているという可能性もあるのです。
ひょっとして、と思ったら、担当歯科にかかり、早期解決を図ることです。
歯を抜いたところにも人工歯を装着できて便利な治療法であるインプラント。
ですが、気に留めておくべきポイントがあります。
それは何より、インプラント治療を受けることができないケースもあることです。
後から残念な思いをしないように、事前によく調べてください。
どういう方が治療を受けられないか簡単にご説明しますと、糖尿病や心臓病を抱えていて免疫力・抵抗力に難のある方や、顎の骨の強度に問題があったり、既に骨がなくなっているなどの方も、残念ながらインプラントは利用できないとの判断になることがあります。
この場合はインプラントを諦め、代替手段を探すことになります。
おすすめ⇒タバコのヤニが歯に着いて 歯磨き粉で磨く